敷地調査報告書

site-survey

多くの住宅会社の敷地調査は建築基準法上の調査となります。

建築基準法上とは、

  • 都市計画法
  • 用途地域
  • 防火指定
  • 景観地域
  • 風致地区
  • 容積率
  • 建ペイ率
  • 道路
  • 埋蔵文化財
  • 地域による条例

などがあげられます。

このほかに、給排水の状況なども調査対象になります。

ゆうき設計では、「近隣の状況」の調査が、間取りや建物の配置に、大きく影響すると考えています。

自然の力を最大限利用し、光熱費をおさえたり、家族の健康を守る工夫をする為に、欠かせない情報となります。

例えば、風通しや、日の入り方なども、敷地の廻りの状況により、間取り計画に大きく影響します。

土地を購入するときも、家を建てる側の人に相談することを、おすすめします。
方角や、道路との取り合い・給排水の状況・近隣の状況など検討した上で購入することをおすすめします。もちろん「ゆうき設計」ではそのアドバイスも行っております。
土地代が安くても、後からお金がかかったり、間取り計画にたくさんの、制限がおきたりします。購入する前に、ぜひご相談下さい。

調査の結果は、お客様がわかりやすいように、ファイルにしてお渡しします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ