長期固定金利の住宅ローン「フラット35」

フラット35を利用するための条件

お申し込みする方は?

お客様が住宅ローンフラット35を利用できるかどうかのチェック項目です。

  • お申し込み時の年齢が満70歳未満の方。
  • 日本国籍の方。
  • 年収400万円未満の方の年間返済額が年収の30%以下になる借入金額の方。
    年収400万円以上の方の年間返済額が年収の35%以下になる借入金額の方。

資金の使途(使い道)

お申し込みご本人又はご親族がお住まいになるための新築住宅の建設・購入資金又は中古住宅の購入資金。
(リフォーム資金には利用できません)

対象となる住宅(新築住宅・中古住宅共通)

住宅ローンフラット35を利用できる住宅の種類です。

  • 新築住宅・中古住宅共通
  • 住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅。

    この技術基準は一冊の本になっています。建築基準法で定められている基準とは違い、構造・換気・断熱・防腐・防蟻・耐火などを数字あるいは定義により、詳しく定めています。

  • 新築住宅
    • 建設費又は購入価格が1億円以下(消費税込)。
    • お申し込み時点において峻工から2年以内の住宅で人が住んだことのない住宅。
  • 中古住宅
    • 購入価格が1億円以下(消費税込)。
    • お申し込み時点において峻工から2年を超えている住宅
      又は既に人が住んだことがある住宅。

借入額

  • 100万円以上8000万円以下の建設費又は購入価格。(非住宅部分は除く)

借入期間

借入から返済までの期間です。

  • 15年(ただし、お申し込み本人又は連帯債務者の年齢が満60歳以上の場合は10年)以上で、かつ、次の①又は②のいずれか短い年数が上限となります。
    1. (80歳)-(お申し込み時の年齢)
      • 年収の50%を超えて合算した収入合算者がいる場合には、申込み本人と収入合算者のうち、いずれか、年齢の高い方を基準とする。
      • 親子リレー返済を利用する場合は、後継者の方が収入合算者となるかに関わらず、後継者の方の年齢を基準とする。
    2. 35年

借入金利

  • 全期間固定金利
  • 借入期間(20年以下・20年以上)、融資率(9割以下・9割超)に応じて、借入金利が異なります。
    • 融資率とは、借入額を住宅の建設費又は住宅の購入費で割った数字です。
    • 借入金利は取扱い金融機関によって異なります。
    • 適用される金利は資金の受け取り時の金利です。
    • 取扱金融機関によっては、借入期間や融資率にかかわらず、借入金利が同一の場合があります。

返済方法

  • 元利均等毎月払い又は元金均等毎月払い
    • 元利と元金の違いについては「住むまでに、そして住んでから困らない資金計画の作り方」ゆうき設計コンセプトブックVOL2・P27に詳しくご説明しました。
    • 6ヶ月ごとのボーナス払い(借入金額の40%以内の併用出来ます。

担保

  • 借入の対象となる住宅及びその敷地に、住宅金融支援機構を抵当権者とする第一順位の抵当権を設定します。
    • その費用は借入する方の負担となります。

保証人

  • 必要ありません。

団体信用生命保険

  • この機構には「機構団体信用生命保険特約制度」があります。
    この制度に加入することをお勧めします。

火災保険

  • 返済を終了するまでの間、借入の対象となる住宅に住宅金融支援機構の定める要件を満たす火災保険を付けなければならない。
  • 敷地に抵当権を設定しない場合は、保険料の支払い方法は一括前払いしなければならない。
    • 融資手数料・物件検査手数料は金融期間・検査機関により異なります。
    • 保険料・繰り上げ返済手数料は必要ありません。

フラット35と民間ローンのそれぞれのメリット・デメリット

フラット35と民間ローンを、諸費用を含めた合計支払額で比較してみましょう。
難しいのは、変動金利の想定です。
そこで、7つのパターンを想定したものをご紹介します。
このデーターは「住宅ローン比較ラボ」のものを採用しています。

前提条件

  • 借入金 3,000万円
  • 返済期間 35年
  • ボーナス返済 なし
  • ここでいう総返済額とは諸費用も含めた金額です。

変動金利が35年間一定の場合 金利0.88%のまま

民間住宅ローン 総返済額 35,162,458円

フラット35 総返済額 43,499,182円

変動金利が10年後に1%増加した場合 10年間金利0.88%
11年目以降金利1.88%

民間住宅ローン 総返済額 38,040,935円

フラット35 総返済額 43,499,182円

変動金利が20年後に1%増加した場合 20年間金利0.88%
21年目以降金利1.88%

民間住宅ローン 総返済額 36,145,155円

フラット35 総返済額 43,499,182円

変動金利が10年後に2%増加した場合 10年間金利0.88%
11年目以降金利2.88%

民間住宅ローン 総返済額 41,121,494円

フラット35 総返済額 43,499,182円

変動金利が20年後に2%増加した場合 20年間金利0.88%
21年目以降金利2.88%

民間住宅ローン 総返済額 37,170,276円

フラット35 総返済額 43,499,182円

変動金利が10年後に3%増加した場合 10年間金利0.88%
11年目以降金利3.88%

民間住宅ローン 総返済額 44,398,425円

フラット35 総返済額 43,499,182円

変動金利が20年後に3%増加した場合 20年間金利0.865%
21年目以降金利3.88%

民間住宅ローン 総返済額 38,237,387円

フラット35 総返済額 43,499,182円

シミュレーションの結果はこのように出ました。
結果としては、10年後に変動金利が3%上昇する場合以外は全て変動金利の方が得となりました。

マトメ

  • フラット35のメリットは35年間固定金利という安心感と生活資金の計画が立てやすいこと。
  • もう一つのメリットは、審査基準がゆるいことなどが上げられます。審査が難しいと思われている方にはいいかも知れません。
  • フラット35のデメリットは諸費用が高いことです。(団体信用生命保険の費用が高い。)
サブコンテンツ

このページの先頭へ