耐震等級

耐震等級とは、建物の耐震性のレベルを表したものです。

阪神大震災や東日本大震災などがあり、お客様も耳にしたことがあると思います。

品確法(品質確保促進法)では、家を建てるお客様が、耐震性を判断する目安として3段階の耐震等級が表示されました。

等級1 建築基準法レベルの建物強さ(建築確認申請の許可がでる建物)
数百年に一度程度発生する地震力(震度6強から震度7程度)に対して、倒壊・崩壊しない程度。
また、数十年に一度発生する地震力(震度5強程度)に対して損傷しない程度。
等級2 建築基準法の1.25倍の建物強さ
数百年に一度程度発生する地震力の1.25倍の力に対して、倒壊・崩壊しない程度
等級3 建築基準法の1.5倍の建物強さ
数百年に一度程度発生する地震力の1.5倍の力に対して、倒壊・崩壊しない程度

ゆうき設計では、この基準をそのまま家の強さと、考えるのではなく、耐力壁をバランス良く、配置することをお勧めしています。
家の縦軸方向、横軸方向、それぞれの耐力壁の配置をバランスよくすることで、家の地震に対する強さは変わります。
この事は、間取り計画や窓の位置を検討することで可能となります。

耐力壁以外にも、建物を補強することに役立つ物がまだあります。

地盤補強

この補強は地盤調査によって地盤の長期許容応力度を算出し、その結果により、地盤補強(地盤改良)を行うものです。
多くはスエーデン式サウンディング方式で行います。

スエーデン式サウンディング方式

この写真が実際に調査している物です。
現在は地盤調査を依頼すると同時に、構造計算までを依頼するケースが多いようです。
この調査結果や構造計算のチェックが大事な仕事となります。

金物による補強

基礎と土台・基礎と柱・木と木の接合部などに金物補強を行ないます。
補強する場所や金物の種類などは、以前の住宅金融公庫の仕様書が、詳しく規定しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ