完全予約制の見学会を開催しました

ドイツの超省エネ住宅「パッシブハウス」を手本に、とことん断熱にこだわった住まいが、盛岡市向中野に完成しました。

外観と内観

エコ先進国ドイツの家づくりを手本にした、高気密・高断熱住宅

都市開発が進む盛岡市向中野。
今回床面積82坪のインナーガレージを備えた大型モデル住宅が完成しました。

床面積の大きさにも驚かされますが、暖かさを追求した断熱性能も見ものです。
ドイツの超省エネ住宅「パッシブハウス」を目指した断熱性能は、Q値(熱損失係数)1.0W/㎡kで、日本の次世代省エネ基準の約2倍です。

断熱層の厚みは壁が300mm、屋根はなんと500mmの厚さです。
断熱材には「セルローズファイバー」を採用。
断熱性はもちろんのこと、結露対策としての吸放湿性、室内・室外からの音対策としての吸音効果など他の断熱材にない付加特徴を兼ねそろえた今までにない住宅用断熱材です。

また透湿シートには岩手県内でも数棟しか導入されていない「呼吸するシート」を採用。
湿気を通してセルロースファイバーに呼吸をさせ、結露を防ぎ、室内空間を一年中快適に保ちます。

このモデル住宅の「超省エネ」の特徴はもう一つあります。

それは「地中熱ヒートポンプ」を採用していること。
冬場、外気より高い温度の地中の熱を利用し水を温め、室内空間を温めます。
太陽エネルギーや風力等に比べ季節や昼夜を問わず安定した自然エネルギーである地中熱エネルギーを有効活用することで、省エネ性や経済性など環境にも暮らしにもやさしい住まいです。

ランニングコストも抑えられることが特徴で、年間の暖房費の試算は、82坪で年間わずか5万1514円。一般的な40坪ほどの住宅では約半分になります。

自然素材をふんだんに使った室内空間にも注目

自然素材をふんだんに使った室内空間

スケールの大きな空間に、他のモデルハウスなどでは見られない多くの自然素材を使いました。

約40畳のリビングには、存在感のある8寸の大黒柱。

床はカバザクラの無垢のフローリング。清潔感溢れるホワイト系の程よい光沢が室内を明るく印象づけます。

大黒柱とカバザクラのフローリング

天井には調湿作用や空気清浄作用もあるキリの無垢材を使用し、豊かな表情と柔らかな空間を創りだします。

和室横の縁側や階段の踊り場には、竹のフローリング。
天然素材である竹の風合いを活かしたフローリングは、通常よく見る無垢フローリングのような木目が無く、独特の存在感と上品な光沢感があります。

キリの天井と竹のフローリング

1階と2階をつなぐ階段部分もポイントがたくさん。
通常幅より広い階段に、無垢材の手すり、2階へ上がった部分にはガラスブロックを用いた袖壁が上品で優雅な空間を演出します。

階段下からと上から

2階の個室は、それぞれ違う雰囲気のお部屋に。
ナチュラルテイスト、カントリー調、和モダンの金の部屋など、個性豊かな空間です。

個性豊かな空間

空間がガラリと変化する素材や色使い、開口部の工夫など、きっとこれからの住まいづくりの参考になるはずです。

見学を希望する方は、希望日の3日前までにご予約ください。

完全予約制見学会

開催日/5月30日(土)~6月14日(日)
会場/盛岡市向中野
予約方法/3日前までに電話にて申込み
申込先/ゆうき設計
TEL:019-681-8410
携帯:090-2602-9994(担当:山内)

サブコンテンツ

このページの先頭へ