家づくりの流れ

初回面談【無料】

案内資料を読んでいただいたお客様との、初めての打ち合わせの場です。
私どもは、この初回面談で「気軽に相談出来そうだ」と感じていただければ幸いです。
ゆうき設計の家づくりに対する考え方や、今後の流れ(進め方)についてご説明することから始めたいと思います。
お互いに、人物探索をする場と考えても、いいのではないでしょうか。
ゆうき設計の仕組みが「いい家を安く」造る仕組みには自信があるのですが、お客様と山内の相性も大事だと、思っています。
初回面談で「家づくりを、ゆうき設計で進めてみようか」「この人の家をぜひ手がけてみたい」とお互いが感じることができたならば、先に進みましょう。

資金計画【無料】

敷地調査や提案プラン(間取り計画)を先に進める住宅会社・ハウスメーカーもあるようですが、ゆうき設計では「資金計画」をまず行うことをおすすめします。

資金計画を行う目的は、家を建てる時の資金(土地購入からの人も)・住宅ローンの計画・を行うことです。

さらに、ゆうき設計では、「住み始めてからの資金計画」も行うことをおすすめしています。
家を建てる時の資金の中には、お客様が気付いて居ない諸費用もあると思います。
この段階で全体のかかる費用を把握しましょう。
家を持つと、固定資産税や将来かかる修繕費なども計画に入れましょう。
このように全体計画を行ってから、家本体に使えるお金を計算しましょう。

financial-planning

敷地調査【無料】

ここからは敷地調査をしなければ、先へは進めません。
この作業は「ゆうき設計」が行う作業のため、お客様は手がかかりません。
敷地内の家の配置や間取り計画を行う為に必要な情報を集める作業です。
建築基準法上の制限や、近所の状況・給排水の状況・道路との取り合いの状況・電柱や電線の状況・などを調査します。

site-survey

初回提案プラン(間取り計画)【無料】

資金計画・敷地調査を完了した後、やっと初回提案プラン(間取り計画)に、入れます。

資金的にも、建築基準法上も、そして近隣の状況からも、家の広さや高さはこれぐらいまでなら大丈夫な事が分かったうえでの「初回提案プラン(間取り計画)」となります。

この、資金計画や敷地調査をはぶいて、プランを行なえば、後戻りの可能性が高くなります。プランが、俗にいう「絵に描いた餅」になってしまいかねません。
この間取り計画は、お客様のご要望と、私どものおすすめ、そして敷地調査の情報を踏まえて行います。しかし一度の提案プランでOKはなかなかありません。2度・3度修正を行うことで、納得のいくプラン(間取り)が完成します

初回提案プラン(間取り計画)

設計見積もり【無料】

この作業を行う事が、「いい家を安く」できる、ゆうき設計独自の仕組みの一つです。

「設計見積もり」とは、建築会社(家を建てる工事をする会社)の見積もりとは異なります。本設計が完了しなければ、建築会社では見積もりをできません。

提案プランを行なった設計者であれば、本設計に入る前に見積もることができます。

この事がお客様にとって、色々なことを判断する材料となります。

例えば、設計見積もりで考えていたキッチンやお風呂(UB)・家の暖かさのレベル・暖房の種類など見直すことが容易にできます。

最終プラン(間取り計画)

設計見積もりの後、もう一度計画を見直す場合が多々あります。
その結果を踏まえて、プランを修正し、最終プランが決定します。

地盤調査

敷地内の配置やプラン(間取り)が決定した後、地盤調査を行います。
資金計画の上で、もっと早くおこないたい調査ですがやむおえません。
この調査の結果次第では、地盤改良工事をおこなう必要があります。
資金計画を行う時点で概算予算を見ておくことをおすすめします。

建築会社(家を建てる工事をする会社)を決める

設計見積もりの価格と建築会社の見積もり価格が合うまでこの作業を続けます。

建築会社と契約

契約が成立後、建築確認申請・融資の本申込みを行います。

agreement

着工

建築確認が許可になり、融資が決定すれば、工事を始めます。
地鎮祭をとりおこなう場合はこの時点でとなります。
地盤調査をする為に、家の位置を縄張りしますので、実際には工事は始まっています。

上棟

地域により異なりますが、盛岡近辺では、柱が立ち屋根がかかった状態のことを、
「上棟」といいます。
「建前」・「上棟式」と呼ばれるものは、この時点で行います。

完成

「ゆうき設計」・「建築会社」の社内検査を行い、その後、役所の検査を行います。
役所から「完了検査済証」が発行され、所有権移転登記(土地を購入した場合はその時点で、)・建物の表示登記・保存登記をお客様が行ないます。

お引き渡し

最後の工事代金を建築業者にお支払し、お客様へのお引き渡しとなります。

ご入居後の定期点検

点検とメンテナンスを定期的に行い、いつまでも快適に住んでいただける住宅を目指します。点検とメンテナンスで、住まいは長持ちさせることができるのです。

periodic-inspection

最後に

*「家づくりの流れ」を書いてきましたが、大事な「資金計画」の時期、「初回提案プラン」から「設計見積もり」・「最終プラン」までの流れ、そして他社では考えられない「工事契約」、「着工」など、「いい家を安く」造る独自の工夫をしております。

これを書いておりますと、まだまだわかりにくい所があると思います。
会ってご説明出来れば、と思ってしまいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ