土地購入時、家の新築時に気になる税金

家を新築する時に作成する「資金計画書」の中に盛り込まなければならない「税金」とは?

「住宅に関連する税金の大まかな項目」

建築または購入時

 印紙税

土地の売買契約書や建築工事請負契約書などに収入印紙を貼る事で税金を納めています。
契約金額により印紙代が異なりますが、代表されるものを上げると、
・ 不動産売買契約書   1000万~5000万の場合 1万円
・ 建築工事請負契約書  1000万~5000万の場合 1万円
となっております。 土地購入や住宅新築の資金計画などの計算に入れます。

 不動産取得税

土地や家屋など不動産を取得した時に収める税金です。
(相続により取得した時には課税されません。)
・ 土地(宅地) 固定資産税評価額×2分の1×3%
  (例えば1000万の土地であれば 1000万×0,5×0,03=15万
・ 建物(住宅) 固定資産税評価額×3%
  (例えば2500万の家であれば 2500万×0,03=75万

 登録免許税

登記の種類

  ・ 新築 表示登記、所有権保存登記
  ・ 増築            表示登記
  ・ 壊した時          滅失登記
  ・ 取得した時         所有権移転登記
  ・ ローンを借りた時      抵当権設定登記

税率

  ・ 所有権保存登記  固定資産評価額×0,4%
    (例えば土地1000万+建物2500万=3500万×0,004=14万
  ・ 所有権移転登記(土地) 固定資産評価額×1,5%
    (例えば1000万×0,015=15万
  ・ 所有権移転登記(建物) 固定資産評価額×2%
    (例えば2500万×0,02=50万
  ・ 抵当権設定登記 借入金額×0,4%

 * 滅失登記、表示登記は課税されません。

 * 登録免許税には軽減処置があります。

 所得税、住民税

住宅を取得したり増改築すると減税処置があります。

 消費税

敷地(土地)の売買には課税されませんが、家屋の売買や、建築費用には消費税が課税されます。

もらった時

  • 贈与税
  • 相続税

保有している時

  • 固定資産税
  • 都市計画税

売却した時

  • 所得税
  • 住民税

賃貸した時

  • 所得税
  • 住民税
  • 事業税

「住宅生産団体連合会」住宅と税金 抜粋

まとめ

こんなたくさんの税金がかかります。
家を建てた後、買った後、もらった後、売った後、賃貸してから、全てに税金がかかります。また取得した後も毎年税金がかかります。
私どもは、建築のプロであり、正確な税金の額は分りません。
色んな条件で税金の額も変わります。
相談くだされば、ある程度の事は、お調べ出来ます。
「資金計画」を作る時に、考えておいた方が賢明と思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ