リフォームをお考えの方へ

リフォームを考える時期(タイミング)

ライフサイクルの一般的な流れは
・家を建てる⇒出産⇒子供の結婚⇒高齢化対策となるのが一般的です。
このライフスタイルの変化に伴って考えるリフォームと、もう一つは家自体の経年劣化に伴うリフォームとなります。

年代別にみると

  • 築10年では汚れや小さな破損。
  • 築15年では水廻りの故障など。
  • 築20年では見えない部分(土台や給排水管など)の調査、対応。
  • 築30年では住まい全般の増改築(家の耐用年数や家族構成の変化)の検討。

上記がおおよその年代別リフォーム時期となります。

リフォームの費用

次に気になるリフォームの費用についてですが、実際に現場を見てみないと(見積もりをしないと)ハッキリした数字は分かりませんが、お客様の腹づもり程度(参考程度)にお使い下さい。

  • キッチン 120万~160万
  • 浴室 110万~130万
  • トイレ 35万~45万
  • 洗面 15万~30万
  • リビング 60万~140万
  • ダイニング 40万~50万
  • 寝室 50万~85万
  • 玄関 25万~45万
  • 外壁 100万~150万
  • 屋根 60万~110万
  • 外溝、エクステリア 50万~100万
  • 駐車場、ガレージ 40万=90万
  • 増改築 700万~1100万
  • 全面 1200万~1700万
  • 中古住宅購入後 550万~650万

大まかなメドは上記のようになります。

リフォームを考えるキッカケは色々です。

改善する箇所を目的により優先順位を付けます。
( 簡単に言えば「困っている事」のピックアップ )
例えば

  • 1番は、お年寄りが生活しやすいように改善する。
  • 2番は、寒さ対策。
  • 3番は、家自体の老齢化対策。

このように優先順位を決めて、それぞれの改修予算を出します。

お年寄りが生活しやすいように

まず1番「お年寄りが生活しやすいように」の改善項目は、
・現在使っている部屋からトイレが離れている。
この改善方法は2種類考えられます。
1つの方法は、お年寄りの部屋に簡易水栓トイレを置く。
この場合は、簡易トイレを購入する他に、給排水設備の工事代も必要になります。

もう一つの方法は、お年寄りの部屋をトイレの隣に移し、トイレの入り口を2か所にする。

think-about-renovation01

これは色々ある改善方法の一部です。
お年寄りも交えて色々な方法を考えていきましょう。
もちろん予算を含めて。

寒さ対策

2番「寒さ対策」の改修方法は、
既存の窓は木製窓に単板ガラスとなっている為、隙間風が入って寒いので窓を交換する。
交換する窓は、断熱性能が高い窓(アルミ+樹脂+ペアガラス)とする。

外壁破損個所の補修を行ない全面塗装を行う。
ここで考えなければならない事は、壁の全面断熱を行なうか? もちろん家の断熱性能を考えれば、全面断熱の効果は大きいですが、外壁か内部壁のどちらかを解体しなければなりません。
その為に予算が相当かかるので、要検討です。

もう一つ検討が必要な事は、「窓の交換・外壁破損個所の補修・コーキング・全面塗装」の工事を行う為に、「外部足場」を組む必要が有ります。
この外部足場工事も決して安価ではないので、外部足場を必要とする軒天の貼り換えや塗装も同時行うことをお勧めします。

think-about-renovation02

家自体の老齢化対策

3番「家自体の老齢化対策」については、
構造(柱や梁など)の劣化は部分的に解体してみなければ、どの程度痛んでいるのか分かりません。業者が見積もりを完成する前に事前調査することをお勧めします。
給排水管の劣化についても同様です。

業者選びのポイント

間違いのない(後悔しない)リフォームをする為には、建築の基礎知識がある建築士資格を有する業者を選びましょう。

リフォームの工事はその範囲や内容により、新築とあまり変わらない費用がかかる事もあります。
しかし、お金だけではなく、「愛着のある家だから、壊したくない、思い出がたくさんあるから壊したくない、」などの理由で、リフォームを選択するお客様もおります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ